アーバン工芸のブログ

blog

OEMでバッグ・かばんを制作するとこで、コストを抑えながら自社のブランドを持つことができます。OEM制作では自社の生産ラインを使用せず、製品の販売状況に合わせて発注量を調整できるため、在庫を抱えてしまうリスクを抑えることが可能です。 外的要因による変化に対応しやすいということは、販売に専念したい企業様にとって大きなメリットとなります。

ここではアーバン工芸で取り扱うバッグ・かばんのOEM製造についてお伝えします。

バッグ・かばんのOEMとは

バッグ・かばんのOEMとは

OEMとは、発注元名義のブランドの製品をOEMメーカーが制作し、出来上がった製品を自社の製品として販売する製造方法のことです。バッグ・かばんのOEMでは発注元のブランド企業が製品の企画・デザインを行い、OEMメーカーにバッグ・かばんの製造を依頼するケースが多く見られます。発注を行う企業は販売に専念することができるため、企画や販売に力を注ぐことが可能になります。

OEMでバッグ・かばんを製造する目的について

OEMでバッグ・かばんを製造する目的について

企業がOEMによるバッグ・かばんの制作を行う目的はさまざまですが、コストやリスクを減らし高い品質の製品を販売したい、といったケースが多く見られます。自社だけで製品の企画から製造、材料の調達や在庫管理、販売プロモーションまですべての工程を行おうとすると、工場や設備の投資を含め多くのコストがかかることになります。製造を外部の企業に委託することにより、生産量を維持しながらコストを減らすことができます。

OEMを委託した側の特長
バッグ・かばん製造にかかるコストの削減 バッグ・かばんの企画などの業務に集中できる

OEMでバッグ・かばんを製造することでコストを大幅に抑えることが可能です。自社で一から商品を制作した場合、多くの人件費や製作費がかかります。OEMで製造をおこなうことで、製造ラインを持たずに商品の生産することが可能になります。また、在庫を抱える必要もなくなるため、在庫にかかるコストを削減するといったメリットがあります。

バッグ・かばんをOEMメーカーに委託することで自社のリソースを販売に専念することが可能になります。自社で最初から制作する場合、企画をしてから制作に必要な材料や人を揃え、制作にも集中しなければなりません。OEMで制作を依頼することにより、自社のリソースを企画・販売に専念させ、高いパフォーマンスを生み出すことができます。

OEMを依頼するときのポイント
何が得意かどうかを確認する 作りたいものが作れる技術があるか

OEMを依頼する場合、依頼先が何を得意としているかどうかを見極めることが大切です。バッグ・かばんのOEMでは、素材の仕入れ先や革の種類も重要な要素になります。目的と合致したバッグ・かばんの素材が用意できるのか、また目的とした革を使用したバッグ・かばん制作実績が豊富にあるのか、をチェックしておくと良いでしょう。

OEMで依頼する場合もう一つ重要な点が、作りたいものを作れる技術があるかどうかです。自社で作りたいものを実現できるかどうか、技術の見極めはしっかり行いましょう。使用する革の特徴をしっかり理解した製造方法になっているか、バッグ・かばんの雰囲気、用途に合わせて適切な素材を提案してくれるか、技術やスタッフのスキルを見極めましょう。

バッグ・かばんの種類について

クラッチバッグ / セカンドバッグ

クラッチバッグ / セカンドバッグ

クラッチバッグ・セカンドバッグは持ち手がなく抱えて持つバッグとなります。服装に合わせて様々な場所に持ち歩きできるのが特徴です。荷物をなるべく持ち歩きやすく収めたい方におすすめです。ストラップなどがついているものもあります。

ポシェット(サコッシュ)

ポシェット(サコッシュ)

ストラップがついていて、斜めがけにして持ち歩くバッグとなっています。手で持たずに斜めにかけられるので、手が塞がらずに持ち歩けるのがメリットです。近場に外出する時にもパッと使えます。
サイズ感もコンパクトで邪魔にならないバッグです。

ボディーバッグ / ウエストポーチ

ボディーバッグ / ウエストポーチ

ボディーバッグ・ウエストポーチは一体感のあるバッグです。持ち歩くときに邪魔にならない、動きやすいバッグとして最適です。服装にも合わせやすく、手も塞がらないので、人気があるバッグとなっています。男女ともに使いやすいデザインです。

ハンドバッグ

ハンドバッグ

ハンドバッグは手で持ち手を持つバッグを指します。ハンドバッグは女性用のバッグで、綺麗なデザインや可愛らしいデザインが多くあります。近場に出かける時も、少し遠くに出かける時も持ち歩きやすい女性らしさと便利さを兼ね備えたバッグです。女性的な服装に合わせやすいものが多くなっています。

トートバッグ

トートバッグ

トートバッグは底マチのあるバッグです。サイズや色、質感など、豊富な種類の中から選べるのが特徴です。底マチがあることで、荷物が入れやすく、取り出しやすいバッグとなっています。荷物を多く持ち運ぶ時に最適です。近所に出かける時にも持ち歩きやすくなっています。

ショルダーバッグ / メッセンジャーバッグ

ショルダーバッグ / メッセンジャーバッグ

ショルダーバッグ・メッセンジャーバッグは肩からかけられるタイプのバッグです。横長の形のものが多く、持ち手と肩掛けの2パターンの持ち方ができます。荷物を取り出す時にすぐに取り出せます。買い物など、近くに外出する時にも気軽に持ち歩けるバッグです。